記事リスト

荷物置き場ビジネス

倉庫

レンタルスペースの違い

昨今貸倉庫の市場希望が急激に伸びています。特にトランクルームはその伸びが著しく次々と新しいスペースが設営されています。住まいに入りきらない個人の荷物をこれらのスペースを使って保管する人が増えているということでしょう。一般の消費者が利用できる貸倉庫スペースは2種類あります。一つが先ほどのトランクルームです。広さやスペース、値段は運営会社や立地によって様々ですが概ね月数千円程で借りることが出来ます。またトランクルームは優良トランクルーム認定制度を設けており、温度や防塵防虫などの項目でそれぞれ認定を受けており選択の際の基準にすることができます。物品の出し入れは運営会社か、采井会社立ち合いの元利用者が行うという形になります。またトランクルーム内の物品には火災保険が掛けられており、損壊や盗難に対しても保険を掛けてくれるケースが殆どです。もう一つが貸倉庫スペースです。利用料は屋内か屋外、都市圏か郊外でこちらも利用料のの幅が大きいのですが、24時間セキュリティで監視されており、その分トランクルームよりも割高となります。また貸倉庫はスペースを借りる賃貸契約の為に火災保険などの保険による保証はありません。しかし物品の出し入れは利用者の責任の下基本的に自由ですので、業者や法人による利用が主です。収納したい物品によっては空調や気温などに神経を使う場合もあり、頻繁に利用するのに料金が安いからと郊外のスペースを借りると、後々後悔します。契約前にはこれらのことも確認しましょう。